剛力彩芽さんはZOZO創業者の前澤友作氏と2019破局。破局後はオファー活性化でますます美しく!

『ZOZO』の創業者の前澤友作氏と破局した女優の剛力彩芽さん。交際中は、仕事が手につかなくなり、レギュラー番組が次々に消滅しましたが、破局後は仕事のオファーが再び活発化しています♡。2020年3月16日、都内で行われた映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』(2021年春公開予定)の製作発表記者会見に登場しました。ますます美しい剛力さんの様子をご報告します!

剛力彩芽さんと前澤氏の破局

剛力さんは、2018年4月に、ファッション通販サイト『ZOZO』の前社長で創業者の前澤友作氏との熱愛が発覚しました。しかし、1年半の交際期間を経て、2019年10月の上旬頃には破局していた様子。2018年5月に、剛力さんは交際を機に、神奈川県の実家を出て都内の超高級マンションへ引っ越していました。以後、都内の高級レストランなどで仲睦まじく過ごす2人は交際を隠すこともありませんでした。サッカーW杯をモスクワで観戦したり、パリコレを訪れるなど、セレブなデートの様子をSNSでノロケていて、炎上することも多かったですね。批判を受けて、剛力さんは、Instagramに投稿していた写真を、一度すべて削除してしまったこともありました。

しかし、2019年3月期の決算で上場以来初となる減益を発表した前澤氏。剛力さんもレギュラー番組が1本を残して終了してしまうなど、“仕事”は順調とは言えない状況でした。前澤氏は、実は、2017年頃から革新的経営施策が伸び悩んでいたようです。プライベートブランド施策も成功とはいえない業績で、高額な美術品の購入や、月旅行への準備など、私生活での話題に事欠かなかった前澤氏。2019年9月12日、電撃的に孫正義氏傘下のヤフーによるZOZO買収が決まり、同日付けでZOZOを退任しました。所有していたZOZOの株式売却額は2500億円近くに上ると言われていました。

2019年12月5日放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)では、MCの坂上忍さんが前澤氏に破局の理由を直撃していました。前澤氏は、月旅行への夢と女優である剛力さんとの生活のズレを説明していました。しかし、剛力さんが、前澤氏の女癖の悪さに愛想を尽かしたという説もあります。10月初めに前澤氏は新会社『スタートトゥデイ』の秘書募集に応募した41歳の人妻と関係を持ったという脅迫トラブルが報じられていました。

剛力彩芽さんの生い立ち

1992年8月27日生まれ。神奈川県出身(横浜市保土ヶ谷)家族構成は、ご両親とお姉さん、剛力彩芽さんの4人家族です。小学4年生の時から芸能事務所に所属。その後、2008年の全日本国民的美少女コンテスト(2次落選)の会場でオスカープロモーションにスカウトされ現在に至るようです。高校は、芸能人・ジャニーズ御用達校と言われている東京の私立日出高校出身。2008年2月(高校1年生)からファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルとして活動。2011年1月(18歳)でフジテレビ月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』に出演したことが女優のデビュー(正式なデビュー作は2007年の『チョコミミ』(テレビ東京))。同年7月のテレビ東京『IS〜男でも女でもない性〜』でテレビドラマ初主演(共同主演)からブレイクしました。CMでは『ミスタードーナツ』『積水ハウス』『ランチパック(山崎製パン)』『au』などに続けて出演されていました。2011年11月、『日経トレンディ』が選ぶ「今年の顔」に選ばれたこともあります。2012年10月、フジテレビ系バラエティ『奇跡体験!アンビリバボー』の4代目MCを、2013年1月14日スタートのドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ)で、ゴールデンタイム枠のテレビドラマ単独初主演を果たしました。前澤氏との交際で出演が少なくなるまでは、オスカープロモーションのメジャーな女優さんでした。

剛力さんのオファー殺到について

まず、2019年12月21日放送の『抱かれたい12人の女たち』(テレビ大阪)でドラマに復帰しました。また、2月にはロンドンで開催されたファッションブランド「トミー ヒルフィガー」のショー「SPRING 2020 TOMMYNOW」に招待され、日本のテレビ番組のロケとともにショーを堪能していた様子が報じられました。以後、バラエティー、CMの依頼も順調に増えているようです。そして、2020年3月16日、都内で行われた映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』製作発表記者会見に登場しました。

↑このツイートのミニスカートが大評判でした。

映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』について

剛力彩芽、水野勝、高畑淳子、橋爪功、松下由樹出演。生きているうちに人生の整理を行ない、新たな気持ちで残りの人生に臨む「終活」をテーマにした作品です。結婚四十年以上の熟年離婚寸前の夫婦と、その家族の姿を描く、2021年春公開の映画です。剛力さんは、橋爪と高畑が演じる離婚寸前の熟年夫婦の娘・亜矢を演じています。楽しみですね。

まとめ

女優業に打ち込もうとする剛力さん。ますます美しいですね。今後の御活躍を期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です