新型コロナウイルス(covidー19)の世界の感染状況比較

AFP通信が各国当局の発表に基づき日本時間で4月29日午前4時にまとめた統計によると、世界の新型コロナウイルスによる死者数は21万4451人に増加したということです。中国で2019年12月末にウイルスが最初に発生して以降、これまでに193の国・地域で計306万8330人余りの感染が確認され、少なくとも84万300人が回復しているようです。国・地域によっては、実態の把握の状況や計測の精度がまちまちで、実際の感染者はこれよりも多いとみられるようです。

死亡者数の多い国

最も新型コロナウイルスに関連して亡くなった方の人数が多い国は、米国で、これまでに5万7533人が死亡、100万3328人が感染しています。次いで亡くなった方の人数が多いのはイタリアで、死者数は2万7359人、感染者数は20万1505人。以降は、スペイン(死者2万3822人、感染者21万773人)、フランス(死者2万3660人、感染者16万8935人)、英国(死者2万1678人、感染者16万1145人)と続いています。

人口10万人当たりの死者数が多い国

人口10万人当たりの死者数が最も多いのはベルギーの63人。次いでスペイン(51人)、イタリア(45人)、フランス(36人)、英国(32人)となっています。しかし、国によっては、介護施設などで亡くなった方を含めていなかったり、実態把握の状況や計測の精度の違いから、一概にベルギーの10万対死者数が1位とも言い切れないところがあります。新型コロナウイルスが収束した後の観光への打撃など風評被害にならないように気をつけたいですね。

日本の状況

日本の国内感染者数は4月29日現在13,891人(うち、横浜クルーズ船は712人)です。死者数は413人(うち、横浜クルーズ船は13人)です。日本の人口(便宜上2018年の国連の数値)は、1億2,720万2千人なので、人口10万人当たりの死者数は0.3人と、死者数も感染者数も欧米と比べると桁が2つ違う状況ではあります。しかし、3月29日時点の感染者の累計が1,879だったので、この1か月で7.4倍となっています。東京都の感染者数が4,059人、死者数が108人で、都道府県では人口が多いこともあり一番多い状況でありますが、東京都の感染状況のトレンドがほぼ日本の感染状況と重なっています。
感染者数で東京・大阪・愛知などの首都圏が多くなっていますが、青森が26人、秋田が18人、宮城88人という状況に囲まれて、岩手はまだ0人で発生していません。

まとめ

週末にかけてゴールデンウィークも本格化してきますが、このゴールデンウイークをステイホーム期間として、新型コロナウイルスの収束を願ってみんなで協力しましょう。各報道機関によりますと、当初の5月6日で緊急事態宣言を解除するのは難しそうです。このまま長引いてしまうと、医療機関や医療関係者、新型コロナ対策に奔走するお役所などが疲弊しきってしまいます。頑張りましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です