細菌とウイルスの違いって何?細菌性感染症とウイルス性感染症の種類と治療法の違いは?

細菌とウイルスの違いって、知っているようでうまく説明できないのは私だけでしょうか(汗)?それぞれ、どんな感染症があるのでしょうか?治療法や予防法の違いはどうなのでしょうか?細菌とウイルスの違いに疑問に思ったので調べてみました。

細菌

細菌とは

細菌は、細胞を持ち、栄養を摂ってエネルギーを生み出し、増殖・分裂を行っています。そういった意味で、「生物」と考えられています。ただ、動物などの真核生物とは違い、細胞核やミトコンドリアなどを持たず、細胞内にDNAがその他の物質とともにごちゃまぜの状態で存在する「原核生物」に分類されます。大きさも、真核生物の細胞よりは小さく、直径1㎛(マイクロミリ)程度となっています。糖などの栄養と水があり、適切な環境のもとでは、自分自身で増殖できます。人の体には多くの種類の細菌がいて、皮膚の表面や腸の中の環境を保っています。人の体にとって、悪い細菌も善い細菌もあります。

細菌性の感染症

ペスト、コレラ、チフス、ジフテリア、炭疽病、破傷風、レジオネラ、ブルセラ、結核、淋病、梅毒、ジフテリア、百日咳、赤痢、マイコプラズマ、バイコマイシン、MRSA、緑膿菌、真菌症(カンジダなど。表在性・深在性がある)溶連菌、O157など

細菌性感染症の治療法

各細菌や患者に適した抗生物質や抗菌薬が使用されます。

ウイルス

ウイルスとは

ウイルスは、細菌の50分の1程度の大きさで、とても小さく、自分で細胞を持ちません。ウイルスには細胞がないので、他の細胞に入り込んで生きていきます。ヒトの体にウイルスが侵入すると、ヒトの細胞の中に入って自分のコピーを作らせ、細胞が破裂してたくさんのウイルスが飛び出し、ほかの細胞に入りこみます。このようにして、ウイルスは増殖していきます。細菌と異なり、たとえ栄養と水があったとしても、ウイルス単独では生存できず、自分自身で増殖する能力が無く、生きた細胞の中でしか増殖できませんので、ヒトや動物など他の生物を宿主にして自己を複製することでのみ増殖します。他の個体へ感染させ続けることが生き残るための必須条件です。ウイルスが感染した細胞は、ウイルスが増殖して多量のウイルスが細胞外に出てくるため死滅します。そして、その増殖したウイルスがまた他の細胞に入り込んで増殖を続けます。そのため、宿主の細胞が次々と死滅し、耐えることができずに宿主自身が弱ったり、死に至ることがあるわけです。ウイルスはそれぞれ決まったタイプの細胞にのみ感染します。例えば、かぜ(感冒)のウイルスは上気道の細胞だけに感染し、胃腸炎のウイルスは消化管で感染します。

ウイルス性の感染症

流行性インフルエンザウイルス、ロタウイルス、ノロウイルス、A型・B型などの肝炎ウイルス、黄熱ウイルス、コクサッキーウイルス、ヘルペスウイルス,麻疹ウイルス、風疹ウイルス、水痘ウイルス、種痘ウイルス、ポリオウイルス、フラビウイルス(日本脳炎)、ヒトパピローマウイルス、狂犬病、フラビウイルス(黄熱、デング熱)、コロナウイルスなど

人獣共通感染症

大半のウイルスは少数の動物種や植物種の間にしか感染せず、ヒトとヒトにだけ感染するウイルスもあります。しかし、同一のウイルスで、ヒト同士と、ヒト以外の脊椎動物の双方に感染するウイルス性感染症もあります。感染した動物に噛まれたり、蚊に刺されたり、感染した動物の生肉を食べたりすると感染することがあるので、特に野生生物には、むやみに触らないような注意が必要ですね。
人獣共通感染症の例

黄熱、狂犬病、鳥インフルエンザ、日本脳炎、ペスト、ブタ連鎖球菌感染症、ブルセラ症など

ウイルス性感染症の治療法

抗生物質は効力がありません。一部インフルエンザウイルスなどに有効な抗ウイルス剤(ウイルスの増殖を抑制する薬)があったり、高力価免疫グロブリンが利用可能であるものもありますが、多くのウイルス性感染症には特別な治療法がありません。
ワクチンは、無毒化したウイルスを体内に入れて免疫力を高め、実際に感染したときに急激にウイルスが増殖することを抑えます。
例えば、流行している新型コロナ感染症に対しては、対症療法が取られつつ、既存の他の疾病治療に使われている薬による治療が試みられています。高力価免疫グロブリンは、いくつかの感染症に対してのみ利用可能です(B型肝炎、狂犬病、破傷風、水痘[水ぼうそう]など)。ウイルス性感染症には、ワクチンや感染症にならないための予防法がとても大切になりますね。

ウイルス性感染症はなぜ治るのか

ウイルスが体内に侵入すると、体の免疫機能が働き始めます。防御機能が出動するわけですが、リンパ球や単球などの白血球が、ウイルスやウイルスに感染した細胞を攻撃して破壊するからです。一度、ウイルスの侵入に対して攻撃する術を獲得し、体がウイルスの攻撃に勝つと、一部の白血球はそのとき侵入してきたウイルスを記憶し、次に同じウイルスに感染したときに、より早く効果的に対処できるようになります。この反応を免疫と呼びます。免疫は、過去に感染したことの他、ワクチン接種を受けることでも得られます。

ワクチン

ワクチンは、体の生来の防御機構を刺激することで効き目を発揮します。感染を予防するために、ウイルスにさらされる前に投与するもおので、一般的なウイルスワクチンには以下のものがあります。

ワクチンの種類

A型肝炎、B型肝炎、ヒトパピローマウイルス(HPV)、インフルエンザ、日本脳炎(脳の炎症)、麻疹・ムンプス・風疹混合、ポリオ、狂犬病、ロタウイルス、水痘、帯状疱疹、黄熱、天然痘ワクチン(天然痘感染リスクが高い人に限って)

ウイルス性感染症の根絶

ウイルス性感染症は、良いワクチンがあれば根絶することができます。天然痘は1978年に根絶されました。ポリオもほとんどすべての国で根絶されましたが、物流や宗教的な感情によってワクチン接種に支障をきたしているようないくつかの国ではまだ残っています。麻疹(はしか)も世界の一部の地域(アメリカ大陸など)ではほぼ根絶したようですが、感染力も強く、完全に無くなるまでにはまだ先になるのだとか。

細菌とウイルスの違いまとめ

細菌は生物であるけれど、ウイルスは生物とは厳密には呼べず、自分で細胞を持たないので、他の細胞に入り込んで生きているというのが根本的な違いです。重要なこととしては、細菌には抗生物質が効くけれども、ウイルスには効かない!という点です。ウイルスには、一部の抗ウイルス剤による治療以外は、自分の免疫がウイルスに打ち勝つしかないので、ワクチンであらかじめ免疫を獲得しておくことが大切だということですね。そして、ワクチンを接種するのは、ウイルス性感染症のみです。

風邪で病院に行くと抗生物質を処方されることも多いですが、実は風邪の多くはウイルス性である可能性が高いため、効かない可能性も高いのです。まぁ、細菌による二次感染を防ぐという考えもあるとは思いますが。

予防

細菌性感染症もウイルス性感染症も、基本的予防策は、まず清潔を保つことのほか、免疫力を低下させないことが大切です。栄養バランスの良い食事、基礎体力をつけること、規則正しい生活を過ごすことが基本となります。
原因となる病原体や感染経路によって予防対策が異なる部分もありますが、基本的予防策は変わらないです。習慣化しましょう。

まとめ

いかがでしたか?違いを知ると、お医者さんの処方箋も安心して服薬できるし、予防接種の重要性もよく分かりますね。

ウイルスの起源。ウイルスはどこから来たの?はこちら♡

疫病と日本の歴史を考える。上編・古代と奈良時代はこちら♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です