2020年12月21日。木星と土星のグレートコンジャンクションを見よう。400年ぶりの大接近で幸運到来。

クリスマスを控えた2020年12月21日。

天体好きとスピリチュアル好きには、夜空ではとっても待ち遠しい現象が起こるのです。

天体から見るグレートコンジャンクション

夕暮れの空を見上げれば、太陽系の2つの明るい惑星、木星と土星がすぐ近くに見えています。この2つの惑星の会合(コンジャンクション)は、ほぼ20年毎に起こりますが、ここまで近づいて見えるのはほぼ400年ぶりで「グレート・コンジャンクション」と呼ばれています。

しかも、嬉しいことに、グレート・コンジャンクションは、特別な天体望遠鏡を使わなくても肉眼で見られるのです。空が暗くなり始めたら、南西の方向を見てみてください。

観測には、国立天文台暦計算室のサイト「今日のほしぞら」が参考になります。

https://eco.mtk.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/skymap.cgi

また、星座の無料アプリもネット上にいくつかあるようですね。

天体がお好きなら、12月21日を待ちわびながら12月初旬から観測を続けていくと近づいていく様子が楽しめます。お子さんと一緒に毎日観測するのもいいですね。

もっとも近づく21日頃は、地球から見える満月の直径の5分の1ほどまで近づいているのですって。本当は、マックスは22日に入ってからなのですが、残念ながら日本からは見えないみたい。

スピリチュアルから見るグレートコンジャンクション

占星術では、木星は「拡大・開放する力を象徴。幸運の星として知られる」星として土星は「規律・制限をキーワードとし、責任や義務、試練を課す星」として知られています。この、対極的な意味を持つ惑星が会合することは、従来のシステムから大きく変革していくということだそう。

しかも、この日を境に、200年続いた金銭・物質・権威などが重視される「地の星座」の時代から知性・コミュニケーション・個人が重要視される「風の星座」の時代にシフトし、200年間この傾向は続くのだそう。

風の時代のキーワードは、多様化と個の時代。

自分らしく生き抜くには「自分の幸せのかたちは、自分で決める」ことがとても大切です。

12月19日、一足先に幸運の星木星が水瓶座に入っていますので幸運のレベルも上がっているそうです。頑張った人には頑張った人なりに夜空の星達からご褒美がもらえるのだとか!

楽しみですね^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です