除夜の鐘。108の煩悩とは?

12月31日の大晦日。お寺などでは108つの除夜の鐘をつきなら年越しすることが知られています。

紅白歌合戦が終わると、11:45分から、そのままテレビをつけっぱなしにしておくと、NHKの「行く年来る年」という番組が始まり、日本全国の名刹で除夜の鐘がつくシーンが放映されますね。

除夜の鐘の108の煩悩について調べてみました。

大晦日に除夜の鐘をつく理由

除夜の鐘で108回つくのは、煩悩に関連した理由があります。

108回鐘をつくのは、煩悩の数が108あるからです。

1つの鐘をつく度に、お坊さんが手を合せて唱えていますよね。

1つの鐘に1つの煩悩の意味があり、1度つく度に1つずつ煩悩を手放しています。

除夜の鐘には、旧年中に煩悩を手放し新年を新たに気持ちで迎えようという願いが込められています。

除夜の鐘の正式なつき方は、108のうち107を旧年中につき最後の1つを年が明けた後につくそうです。

108には「たくさん」という意味も含まれていて、お寺によっては108よりも多く除夜の鐘をつくところもあります。

煩悩とは

煩悩と、人を苦しめ、煩わせる心・悟りに至る道を妨げる心のことです。人間の煩悩には、108種類あるいわれ、煩悩を1文字で表す108画の漢字がありますが、これ。

 

「苦平悪意舌耳女子身鼻眼浄染」で構成される漢字でこれで108画の漢字1文字です。

煩悩の数が108もある理由

理由1

人間には「六根」といわれる「人間の五感や心」があるためです。

六根とは耳(に)・鼻(び)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)のことです。

六根の働きにより生み出される「六塵」(色・声・香・味・触・法の六境のこと。 心を汚し煩悩を起こさせる)からさまざまな感情が起こります。

例えば、耳で自分にとって嫌なことを聞くと、ネガティブな感情が沸き起こりますよね。

感情は、好(こう)・悪(あく)・平(へい)に分けられ、さらにそれぞれ染(せん)・浄(じょう)に分けられます。

さらに染(せん)・浄(じょう)の感情は、過去・現在・未来の3種類に分類することが可能です。

分類された感情の数として、

六塵(6)好・悪・平(3)×染・浄(2)×過去・現在・未来(3)

を計算すると108となります。

理由2

人間には十纏(じってん)と呼ばれる悪い心がるからです。

「纏」という漢字は「からみつく」という意味があります。

人を苦しみで縛る煩悩と同じ意味なんですね。

十纏は次の10種類です。

無慚(むざん)・無愧(むき)・嫉(しつ)・慳(けん)・悔(け)・眠(みん)・掉挙(じょうこ)・惛沈(こんじん)・忿(ふん)・覆(ふく)

九十八結(くじゅうはっけつ・人々を輪廻の世界に結びつける98種の煩悩)も、人間を縛り付ける煩悩のことですが、98種類あると言われています。

十纏の10と九十八結の98の数を合わせると108になります。

理由3

「四苦八苦」に由来するものです。「四苦八苦」はことわざでもありますが仏教が始まりです。

仏教で、生(しょう)・老・病・死の四苦に、愛別離苦・怨憎会(おんぞうえ)苦・求不得(ぐふとく)苦・五陰盛(ごおんじょう)苦の四苦を加えた言葉で、人間によくある8種の苦しみのことです。

四苦八苦は4×9+8×9という計算式に変えると108になります。

煩悩はどこから来るのか?

人間の苦しみの原因は外側の環境ではありません。

お金がない・仕事がうまくいかない・病気があるなど、苦しみの原因は、多くありますが、これらの問題がなければ幸せかというと必ずしもそうとは限りません。

なぜなら、お金や地位を持つようになると、今までなかったような心配や悩みが出てくるからです。

お釈迦様は、お金やモノは「有っても無くても、幸せになれないのは同じ」と言っています。

煩悩は外側ではなく、内側から来る苦しみですが、煩悩はどこから来るのでしょうか。

仏教では、「無明」という状態や「三毒」と呼ばれる心から発生すると考えられています。

無明とは、「明かりが無い」という意味で、暗い状態のことです。暗い状態のため、目の前のことすらも正確に把握できない状況です。

それによって欲やネガティブな感情に支配されてしまい、煩悩が生まれることになります。

また三毒は、貪欲(欲張った気持ち)・瞋恚(激しい怒り)・愚痴(真理を知らず、愚かな状態)の3つの心のことを言います。

これらの3つの心から煩悩が生まれて、人間を苦しめることになります。

煩悩は悪なのか?

煩悩は、人間が当然に心にもつもので、煩悩があるから人は成長し人類が発展してきたとも言えるものです。

必ずしも悪いものではありません。

しかし、煩悩に振り回されてしまうと不幸になります。例えば、「成功したい」という気持ちに執着しすぎると、周りが見えなくなったり、自分の体を壊してしまったりすることがあります。

度を超えた欲求などからくるものが煩悩であり、それにより人間は苦しめられるという仏教の考えです。

欲そのものを否定してしまうと、自分の素直な気持ちを我慢してしまうことになり、それも苦しみを発生させる原因になります。
よって、大切なのはバランスを保ちながら「煩悩」とうまく付き合っていくことです。

欲に飲みこまれないために、また周りの人に感謝し、意見やアドバイスを聞入れましょう。

「自分が正しい」と思ってしまうと、問題自体の発生にに気づけなくなってしまいます。

まとめ

苦しみの無い人はいないそうです。

人生は、人それぞれ乗り越えなければいけない悩みや苦しみはありますが、だからこそ、楽しいことや幸せを感じることもあるとも言えます。

そんなことを考えながら、除夜の鐘とともに、皆様、良いお年をお迎えくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です